運行情報

  • 摩耶ケーブル

    定期検査のため運休中 Service suspended due to periodic inspections.

  • 摩耶ロープウェー

    定期検査のため運休中 Service suspended due to periodic inspections.

  • 六甲有馬ロープウェー

    定期検査のため運休中 Service suspended due to periodic inspections.

ケーブル・ロープウェーの仕様

【ケーブル機械室】

【ケーブル機械室】

【ロープウェー機械室】

【ロープウェー機械室】

摩耶ケーブル 仕様一覧
開業 大正14年1月6日
復活開業 昭和30年5月7日/平成13年3月17日
方式 2車交走式
営業キロ 0.9km
軌間 1,067mm
線路設備
線路 水平長 905m
線路 勾配長 965m
線路 高低差 312m
最急勾配 28度40分
トンネル 数 1
トンネル 延長 157m
車両仕様
最大乗車人員 52人
構造 全金属
最大寸法 長さ 7,997mm
最大寸法 巾 2,460mm
最大寸法 高さ 3,360mm
自重 7,500kg
戸閉機 空気圧式
タイヤ直径 550mm
メーカー 阪神車両メンテナンス(車体)
日立製作所(台車)
新造年月 車体:平成25年3月新造(台車除く)
台車:昭和30年5月
摩耶ロープウェー 仕様一覧
索道方式 複線交走式普通索道
傾斜こう長 856.56m
水平こう長 826.00m
高低差 222.00m
最急勾配 23度43分
支柱数 1基(15m)
索条:支索の直径 φ52mm
索条:えい索の直径 φ22mm
運転速度 3.6m/s
搬器発車間隔 20分
最大乗車人員 29名
乗車時間 5分
運輸開始 昭和30年(1955年)7月12日
索道メーカー 安全索道(株)

摩耶ケーブルの特徴

摩耶ケーブルものがたり [ その① 線路こう配 ]

【摩耶ケーブル駅から線路長の3/4地点付近からの見下げ】

【摩耶ケーブル駅から線路長の3/4地点付近からの見下げ】

摩耶ケーブル駅を出発してトンネルを抜け、行き違い部にさしかかる頃になると、お客様から「すっごい急な角度、こんなとこ登っていくの!」とか「ちょっとおっかないね」の声があがります。
たしかに結構、急角度です。線路点検する職員が転げないよう注意して歩くところです。
全国では6番目で、28度40分の傾斜です。傾斜した線路を走るため車両も傾斜がつけられています。
出発時の揺れや急ブレーキに備えて、お近くの手摺やつり革を持ってご乗車くださいますようお願いいたします。

  • 【摩耶ケーブルの軌道~しっかり止めています】

    【摩耶ケーブルの軌道~しっかり止めています】

  • 【摩耶ケーブル軌道~曲導輪】

    【摩耶ケーブルの軌道~曲導輪】

  • 【摩耶ケーブル軌道~直動輪】

    【摩耶ケーブルの軌道~直動輪】

摩耶ケーブルものがたり [ その② 軌道 ]

ケーブルの軌道は勾配が大変急であり、レールがずり落ちないようにしっかり固定しておく必要があります。そのためにいろんな工夫がされています。
レールを支える道床は摩耶ケーブルでは全区間コンクリートで固められています。
このコンクリート内に埋め込んだアンカーボルトで鉄枕木をしっかり止めます。
次に、鉄枕木にレールクリップをはめ込み、これでレールを固定します。
さらに、円柱形をした匐進(ふくしん)止めでレールをはさみこみ、下半分をコンクリートで固めます。匐進(ふくしん)止めは鉄枕木の山上側に配置し、鉄枕木でさらにがっちりと支えられています。
レールの自重が山上から下側に次々と圧し掛かり、ずり落ちる(ほふく前進」をイメージして下さい。)これを幾重にも防止する手当てが施されています。
次に、軌道内にたくさんある導輪です。導輪にはつばがまっすぐの直導輪とつばが大きく、傾斜している曲導輪があります。直導輪はロープが軌道に接触しないよう受ける役目があり、曲導輪はカーブ部分に設けられ車輌を引き上げるときの張力でロープが跳ね上がらないように、ロープを押さえる役目があります。
今回はケーブルの安全運行に欠かせない軌道の構造についてのお話でした。
沿線の四季折々の自然の表情のほか、軌道にも目を注いでやってください。

摩耶ロープウェーの特徴(ロープウェーの回生電力の考え方)

日本初!省エネシステムを導入!

「六甲有馬ロープウェー」「摩耶ロープウェー」は機器の更新ならびに省エネシステム導入のため施設の大規模更新工事を行ない、
六甲有馬ロープウェーは2014年3月1日に、摩耶ロープウェーは2014年10月11日にリニューアルオープンをいたしました!
この省エネシステム導入はロープウェーとしては日本で初めてであり、世界的にも類のないシステム導入となります。

省エネシステム
省エネシステム
省エネシステム概要
省エネシステム概要
導入システム
導入システム

摩耶ロープウェーものがたり [ その① しくみ ]

【摩耶ロープウェーのしくみ】

【摩耶ロープウェーのしくみ】

ロープウェーは、一見、何本ものワイヤーで線路を構成しているように見えます。全国には色々な方式のロープウェーがありますが、
「摩耶ロープウェー」では、鉄道でいうところの線路に当たるワイヤーロープは、支索というワイヤー1本です。
他に搬器の引き上げ用の曳索2本、ゴンドラを安定させる平衡索が2本があり、摩耶ロープウェーは、直径52mmの支索と、直径22mmの曳索、直径18mmの平衡索、そして支索を緊張させる、直径78mmの緊張索によって支えられています。
緊張索の先にも、50tの固定おもりが吊り下げられていて、このおもりによって支索が弛まないように、また張り過ぎないようにと、
こちらも緊張滑車を介して常時調整しています。

摩耶ロープウェーものがたり [ その② レール ]

  • 【摩耶ロープウェーのレール~曳索と平衡索】 

    【摩耶ロープウェーのレール~曳索と平衡索】

  • 【摩耶ロープウェーのレール~支索】

    【摩耶ロープウェーのレール~支索】

写真にある太いロープがレールの代わりの「支索」です。車輪がこの上を走りゴンドラを上下させて運行しています。
上側にある細い2本のロープが「曳索」、下側の2本が「平衡索」で、上下駅でループ構造になっています。
「ロープウェーのしくみ」からの続きですが、どうしてロープを張り過ぎるといけないのでしょうか?
例えばビンビンに弦を張ったギターを想像して下さい。弦がトランポリンの様に弾みます。
もし、その上を物が走るとしたらどうでしょう。ピョンピョンと跳ねてすぐに脱輪してしまいます。
その為にも有る程度のたわみが必要になります。このたわみも、下駅の錘で調整がされていて、片一方のゴンドラが満員、
そしてもう片方が少人数と云った運行条件の場合、すれ違い時に3~4mものゴンドラ同士の上下差が出ます。
これにより真横をゴンドラがすれ違わずに、はるか下をすれ違うといった現象がおこります。