このページは機械翻訳を使用しています。

Service Information

  • Maya Cable

    Out of service due to the mechanical trouble.

  • Maya Ropeway

    In service

  • Rokko-Arima Ropeway

    In service

BLOG

2016.11.10

  • Rokko-Arima

有馬温泉で泉源めぐり♪紅葉散策♪

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

先週は有馬のもみじを見てきました。

全体的に三割~四割程度の色づきでした。

今週は一段と冷え込む予報ですので期待したいです。

 

でも、瑞宝寺公園の「日暮の庭」あたりは見ごろを迎えていました。

そして、この「日暮の庭」ではお茶会が催されていました。

 

20161109瑞宝寺公園茶会

 

山門付近のもみじはまだまだ青葉ですが、木々の高いところは赤く色づき、

これはこれで色合いも美しくわたしたちの目を楽しませてくれます。

 

20161109瑞宝寺公園茶会2

 

温泉街から瑞宝寺公園の参道をたどり、山門ちょっと手前左側、路地の奥に立派なイチョウの木があります。

こちらもあと少しで鮮やかな黄色に染まることでしょう。

 

 

今回はもみじ散策の途中でぜひ立ち寄って欲しい、いくつかの泉源をご紹介します。

 

瑞宝寺公園から参道を戻り、六甲川に架かる杖捨橋を渡り、正面路地を入っていきます。

まっすぐ行きますと、三叉路に突き当たります。

その角に『炭酸泉源』があります。

 

20161109炭酸泉源

 

有馬では炭酸泉源を「銀泉」と呼んでいます。

湯温は18.6℃の冷泉です。

泉源の横に飲料場があります。

ちょっと味見をしてみてはいかがですか?

 

そして、この三叉路を下って行く坂道が“タンサン坂”といい、

まっすぐ行きますと、有馬かごのお店の前を通り“湯本坂”に入って行きます。

“湯本坂”に入ってすぐ左手路地に『妬(うわなり)泉源』があります。

 

20161109妬泉源

 

とても変わった名前ですが、かわいそうな由来があるそうです…。

こちらは「金泉」泉源です。

鉄分と塩分を含んでいます。

地下にあるときは透明ですが、空気に触れることで酸化し、茶色く変色するそうです。

 

“湯本坂”に戻り、下って行きますと温泉街らしいレトロな佇まいのお店が立ち並びワクワクさせてくれます。

 

ほどなくこちらもレトロな赤い郵便ポストが見えてきます。

そこを右に入っていくと『天神泉源』があります。

もうもうと湯気が立ち込め、迫力満点です。湯温は98.2℃あります。

有馬温泉ではもっとも高温な「金泉」泉源です。

 

20161109天神泉源

 

またポストまで戻り、にぎやかな“湯本坂”を下ると有馬本温泉「金の湯」にでます。

「金泉」の足湯もあります。

ポカポカあったまりますよ。

「金の湯」の前を通り、一つ目の四つ角を左に入ると、温泉寺、湯泉神社、

念仏寺のある寺町エリアに入ります。

この近くには『極楽泉源』、『御所泉源』もあります。

にぎやかな“湯本坂”と違い、静かな寺町は趣があります。

 

泉源めぐりとともに寺町の散策もどうぞお楽しみください。

 

そして、寺町エリアに折れず、まっすぐ直進すると「鼓ケ滝公園」へ進みます。

 

20161109鼓ヶ滝公園

 

写真は今の鼓ヶ滝公園上空の写真です。

順調に紅葉しています。

 

20161109鼓ヶ滝公園上空

 

まだ木々の下の方は青葉ですが、上空から見るときれいに染まってきています。今週末あたりから見ごろになると思います。

真っ赤に染まる紅葉も見事ですが、移り行く木々のコントラストもまた美しいです。

 

そして、六甲山の紅葉は今まさに見ごろのピークを迎えています。

 

20161109六甲山上紅葉1

 

20161109六甲山上紅葉2

 

紅葉に色づく六甲山、有馬温泉へぜひお越しください。